我慢しないでバルトレックスを使う!

ヘルペスウイルスの退治にはバルトレックスが定番です!ヘルペスに対して有効ですが、帯状疱疹にも効果を発揮する治療薬です。早いうちから治療をして、ヘルペスの再発を防止しましょう!

バルトレックスで早期治療をする

ヘルペスを受診せずに治したいなら
▲バルトレックス等の性器ヘルペス治療薬が揃っております

バルトレックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水痘、帯状疱疹などのヘルペスウイルスに対して効果が高いとされています。ヘルペスウイルスは、バルトレックスなどの抗ウイルス薬を投与しても神経節細胞と非常に親和性が高い為に、1度感染すると神経節の奥深く潜伏し全滅させる事が出来ず、過度のストレスや疾患、他の性行為感染症などにより免疫力が低下すると再発します。その為、皮膚や陰部に違和感を感じたらバルトレックスによる早期治療を行い、ウイルスの増殖を最小限に抑え出来る限り軽い症状で治癒させます。
バルトレックスの作用機序は、酵素チミジンキナーゼにより主成分バラシクロビルがヌクレオシド3燐酸に構造が似ているアシクロビルに活性化され、ヌクレオシド3燐酸とアシクロビルの置換反応を引き起こす事によりポリメラーゼ連鎖反応を阻害しウイルスのクローニングを抑制する効果を示します。又、バルトレックスは、神経節の奥深くに潜伏するウイルスに対しても効果が高く、特に性器ヘルペスの再発予防として8週間から最大1年間処方され、神経節に潜伏するウイルスを約30%死滅させる効果があります。バルトレックスは、比較的副作用の少ない安全性の高い抗ウイルス薬ですが、腎臓の尿細管で濃度が高くなり過ぎると結晶化し、一時的に腎臓に沈着する事で腎障害を発症するリスクが高くなるので、服用の際には水分を多目に摂取する必要があります。
バルトレックスは、アシクロビルに必須アミノ酸のバリンをエステル結合させる事で腸での吸収率を改善し、10%~20%だった生物学的利用能を約55%まで高め、1日の服用回数を2回~3回程度に改善しています。
バルトレックスは、従来の治療薬よりも副作用が少なく、用法用量も簡単なので早期発見し早期治療を心掛けるべきです。